『 風 の 扉 』 BLOW公式ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 美意識

<<   作成日時 : 2017/05/18 22:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

まったく以て陶磁器の素人で、大した知識など持ち合わせていません。 只々、妙に惹かれるものがあるんですよネ。

透き通るような白磁と澄み切った藍色とのコントラスト、、、世界が認めた【深川製磁】の“フカガワブルー”。。。

そして、十七世紀より現代に受け継がれる日本の美意識、、、乳白色の素地との調和性を究極まで高めた【柿右衛門】の“赤絵”。。。

人間国宝であった先代亡き後、現在のご当主が十五代を襲名した名門・柿右衛門窯は、陶器市のメイン会場となる皿山通りから少し離れた、“名工の里”と呼ばれる南川原地区にあります。

↓コチラが陶器市最終日に訪れた柿右衛門窯。
画像

大勢の焼き物ファンでごった返すメインストリートとは異なり、こちらには一種違った雰囲気が漂っているのですが、それは人出の多寡によるものばかりではないと思います。
画像

茅葺屋根の母屋の前には、初代柿右衛門が赤絵の朱色のヒントを得たという、ゆかりの柿の木が枝を広げていました。
画像

手入れの行き届いた庭を拝見しつつ、離れ座敷でお茶菓子の接待を頂きました。 何なんでしょうか? この穏やかな心地良さは…。
画像

そして、別棟の古陶磁参考館見学による高揚冷めやらぬまま、思わず一目惚れの飯碗を買い求めました。
画像

この色は柿右衛門にしかない、、、見事なまでに濁手に映えたる柿の赤。。。
画像

この春の健康診断の結果、ご飯を減らそうと心に誓ったばかりなのに、、、こりゃ、アカン。。。 凄く旨そうに見える!(笑) まぁ〜、末永く大切に使いたいと思うならば、何よりも先ずは自身の体調管理ですネ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
美意識 『 風 の 扉 』 BLOW公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる